弁護士に相談

債務整理についての相談は、弁護士にするのが一番です。債務整理とは現状の債務を一旦整理して、月々の返済額を減らしたり、借金そのものを減らしたりと、何かしらの方法で返済の負担を減らせます。とはいえ個人で出来るものでもないので、債務整理に長年携わってきたベテランの弁護士に任せれば、自分に合う債務整理の方法を提案してくれるでしょう。このとき相談する弁護士によって、今後の債務整理の内容も変わる可能性があるので、法律事務所に相談に行く際は注意しましょう。

債務整理について弁護士に相談したいときは、最寄の法律事務所をチェックしましょう。債務トラブルに強いところを前もって探しておけば、具体的にどう対策すればよいか、過去のノウハウも活かしつつ教えてくれるでしょう。また多くの法律事務所は無料相談を受け付けており、初回に限り無料で弁護士に相談することが出来ます。借金があるから弁護士に相談出来ないという方も、気兼ねなく相談してください。

債務整理について弁護士に相談した後は、具体的な案を提案していきます。例えば特定調停の場合、債権者と話あった上で、現在の借金の額を減らして、現時点で返済が可能な金額だけを継続して返済します。条件としては3年程度で減額後の借金が返済でき、それだけの安定した収入がある場合に限られるので、ちゃんと返済できるか前もって確認しておきましょう。それ以外にも債務整理の方法はありますが、それぞれ条件が異なるので、弁護士に相談する前に調べるのをお勧めします。